Follow Us

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

true colors.

April 14, 2019

 

People show their true colors,
unintentionally.
Pay attention to their colors,
cherish the ones we have

What, Why and How

March 31, 2019

 

whatever we are going to do,

all we need to ask ourselves are

we know what we want.

we know why we want it, 

we know how we are going to get it done.

only three things and yet these are the most important things.

DISTANCE

don't be afraid of the distance
between your dreams and reality,
you and your love,
you and yourself,
you and everything,
because the distance is not that matter 
your true feelings are.

tamika jimbo

6/2/17'

our story

no matter how old we are,
let us never feel ashamed, 
let us never be too pompous.
each of us has a story to share,
a story never be able to be replaced by others

tamika jimbo

5/2/17'

光ーinto the light

絵画展を開くにあたっての思い。

「光の向こうへ」

今回の個展のテーマでもある「光」

目で見えるものがすべてではなく

目には見えないものが無数にある

そんなものや生き物の

目で見ることのできない光を

表現しようと試みた

作品たちの絵画展です


その光たちの中で

何気ない小さなものや
目で見ることができないものへの関心
そして感謝の気持ちを持てるような

さらにはあなた自身のかけがえのない光に気付くことができる
んな空間になることを願って絵画展開きます

tamika jimbo

by then

There are things in life 
we can't avoid 
even if 
we pray,
pay,
and fight.
so, we must not jump to conclusions so quickly
instead, we must think
what we can and want to do
by "then"

There are few things we can't avoid,
but,
there must be many things we can do 
for the things.

 

生きていく中で

どうしても避けられないことがある

祈ったとしても

大金を払ったとしても

そして、どれだけ必死になったとしても

だから私たちは考えなければいけない

「その時」まで

何をしたいか

何ができるか

つまり

避けられないことより

できることの方がきっとたくさんある

ということ

🌿

tamika jimbo 

1/18/17'

「息ている光」

「息ている光」

なぜ私たちは音を出すことかできるのだろうか

なぜ話したいことが声という音になり伝わるのか

それは私たちが今、息をしているから

音は口から出される息が空中に漂う粒子と出会うことによってつくられる

その粒子が風のように私たちの声を相手へ届けてくれる

私が表現を試み続けている「息ている光」

というものもこの声と同じ

私たちの息と空気が出会い放たれる光

それは時に「オーラ」と呼ばることもあれば

「雰囲気」と解釈されることもある

その光がどんな光なのか

それはその人・ものの感情や場所によっても異なる

当たり前のようで奇跡に近い光

そんな無形な光が創る世界

 

私はそんな世界を見たまま感じたまま

表現し続けたい。

tamika jimbo

11/20/17'

徒然草

「つれづれなるままに、日暮らし硯に向かひて、心にうつりゆく由なしごとを、そこはかとなく書き付くれば、あやしうこそもの狂ほしけれ。」

「つれづれの時間」をもち、自分のすべてを解放し、本当の自分と出会う。

そんな想いを詠った兼好の情緒を表現した一枚。

Essay in Idleness by Kenko Yoshida 

(In Keene's translation:)

"What a strange, demented feeling it gives me when I realise I have spent whole days before this inkstone, with nothing better to do, jotting down at random whatever nonsensical thoughts that have entered my head."

Doing nothing is not that bad thing. It can make you feel  free and lead you to encounter your real you.

The piece shows his emotion when he wrote the poem. 

tamika jimbo

2016.11.17

人生はレースではない。

もしレースのように競うものであれば

すぐゴールにたどり着くということは避けた方がいいかもしれない

時間をかけてゆっくりと

ちいさなものを楽しんで

あなたの吸う空気や

あなたが今すわっている椅子

あなたの歯に舌が触る感覚

全てが想像以上に

とてつもなく大きな喜びを届けてくれるから

生きているということ

それだけで幸せなはず

もし今そう感じられないのであれば

もう少しゆっくりすすんで行ったらどうだろう

きっと今まで見えなかったちいさな幸せと出会えるかもしれない”

"Life isn't a race.

If it were, then you should be trying to avoid the finish line,

not to get there sooner.

Taking the time to slow down and enjoy the little things.

the air around you,

the chair you are sitting in,

the way you tongue feels passed against your teeth.

will bring you greater joy than ever thought possible.

Being alive should be enough to make you happy 

If it doesn't, you need to slow down and remove yourself from distances."

 

tamika jimbo

2016.9.22

Please reload

Copyright © Tamika Jimbo  All Rights Reserved.